2月 28

借りられる車種も色々選択できる

“消費税増税の駆け込み需要のせいか、一時的に車の販売台数が増えているような印象がありますが、基本的には日本では若者の車離れが進んでいる、と言われているそうです。と言っても、車を所有しなくなっている傾向にあるだけなのか、レンタカーのサービスはどんどん充実しているように感じます。

例えば、車種。スポーツカーやワゴン車、バンタイプやノーマルな乗用車、果てはバスやトラックと様々です。その上でさらに、クラスの違いや定員数の違いなどによって車を選択できるようになっているようです。

しかもレンタカーサービスを行っている会社も何種類かありますから、特定の車を所有するのではなく、用途に合わせて乗り分けることが出来るようになってきました。旅行に行くときには大きいサイズのひろびろゆったりとした車を、郊外の大型スーパーでまとめ買いをする時にはお母さんが使いやすい小回りの利く車を、など。また、気分にあわせて同程度のクラスの中から、今日はこれ、次回はあれ、など色々気分に合わせてレンタカーを選択しても面白いかもしれませんね。”

2月 13

家族旅行で騒ぎ放題

“子供が小さいうちは、「いろんな場所に連れて行ってあげたい」、「いろんなものを見せてあげたい」、そんな風に考える親御さんも多いのではないでしょうか。かと言って、小さい子供は長い時間おとなしく席に座っているなんてことはできません。特に旅行ともなればテンションが上がってしまって、大はしゃぎが普通ではないでしょうか。

となれば、家族旅行はできれば車で行きたいものですね。自家用車が無い場合にはレンタカーでのお出かけという手段もあります。最近では、レンタカーを借りる際に、別途オプションでチャイルドシートのレンタルもできるそうですよ。チャイルドシートを借りられるのであれば、6歳以下の小さいお子さんとの一緒の家族旅行でも安心して使えます。

会社にもよりますが、レンタカーは三日間で2万円以下で借りられる車種もあるようですから、場所によってはお父さんお母さんの新幹線代程度でレンタカーが借りられるかもしれません。自家用車を持っている、というお家でも大きめの車を借りてみる、という手段もとれますから、是非、交通手段の一つに加えてみてください。”